お問い合わせ

防災いろは

ボランティアの種類
藩士縄地大震災より、大規模災害でボランティアの方々の活躍が当たり前のようになってきました。ボランティアには、救援ボランティア、復興ボランティア、予防ボランティアの3種類あります。
このコラムを読む >>
災害時要配慮者の家族や支援者が日頃から確認すべきこと
災害時要配慮者は、避難をするときや避難をしてからの生活が困難です。そこで、災害時要配慮者の家族や支援者が日頃から確認すべきことをまとめました。
このコラムを読む >>
避難行動要支援者避難支援のポイント
避難行動要支援者を避難支援するときは、1人の要配慮者に対して避難支援者は必ず複数人を決めること。避難の時間帯や災害の種類や規模に応じた避難プランを立てることです。
このコラムを読む >>
避難行動要支援者
避難行動要支援者とは、避難行動をするときに支援を必要とする人たちのことです。主な人としては、高齢者や寝たきりの方、病気の方、乳幼児や妊婦などです。
このコラムを読む >>
災害時要配慮者
災害発生時は、情報入手や避難行動で制約を受けやすい人がいます。例えば、高齢者や障碍者、病気などで寝たきりの方、乳幼児や妊婦がそれに該当します。また、忘れがちですが、旅行客なども入ります。
このコラムを読む >>
多様な組織の地域防災への取組み
災害時には、自治体や自主防災組織だけでなく、近隣のコンビニやガソリンスタンド、企業の方々、学校、防災ボランティアなどの組織が、地域防災に貢献してくださいます。
このコラムを読む >>
地区防災計画の作成
自主防災組織では、地区防災計画を作成し、それに基づいて組織化し、運営することが望ましいです。
このコラムを読む >>
自主防災組織の構成と訓練
自主防災組織は、組織の構成をつくり、定期的に訓練を実施することが望ましいです。
このコラムを読む >>
自主防災組織
自主防災組織では、普段から地域住民同士が話し合ったり訓練を行ったりしてコミュニケーションを図り、いざというときは避難の呼びかけや、誘導、救出・救助、初期消火、避難所の運営等を自主的に行う組織です。
このコラムを読む >>
地域の自主防災活動の重要性
地震や津波などで災害の規模が大きければ大きいほど、自治体や消防、警察、自衛隊などの行政機関の救援活動に時間がかかります。場合によっては、そういった行政機関も被災して機能が低下する恐れもあります。主体的に地域防災を担う人は住民自身であり、地域住民による自主防災組織が理想的です。
このコラムを読む >>
被災者の積極的な雇用
被災者の復興のためにも被災者が自立できるために雇用を積極的に行っていくことが大切です。そのためのプログラムが各省で設けられています。
このコラムを読む >>
義援金について
駅前や繁華街などで震災復興などの義援金を求めているボランティアの方々を見かけることがあります。集まった義援金が、被災者やその家族に届けられるためには、原則公的な受付機関によって処理されます。その受け入れや配分の具体的な内容は、厚生労働省の防災業務計画や各地方自治体の地域防災計画に定められています。
このコラムを読む >>
災害弔慰金法
災害弔慰金法は、1973年に台風や地震、豪雪などの自然災害によって亡くなった遺族に対する弔慰金(ちょういきん)として現金の支給を行うための法律です。この法律では、災害によって一定程度の障害が残った人に対する災害障害見舞金の支給や、住居などに被害を受けた人に対する災害援護資金の貸付が定められています。
このコラムを読む >>
災害救助法が適用される災害の規模
災害救助法が適用される災害の規模は、施行令に定められています。そによると、「市町村の人口規模に応じた一定数以上の住家の滅失がある場合」とされています。
このコラムを読む >>
災害救助法とは
災害救助法は、1947年に制定された被災者救済を旨とする法律です。その目的として、「災害に際して、国が地方公共団体、日本赤十字社その他の団体及び国民の協力の下に、応急的に必要な救助を行い、災害にかかった者の保護と社会の秩序保全を図ること」を掲げています。市町村の人口規模に応じた一定数以上の住家の消失がある場合に適用されます。
このコラムを読む >>
災害対策の流れ
災害対策の流れでは、時系列的に「予防」「応急」「復旧・復興」で捉えた考え方がなされます。この3種類の流れについて、まとめました。
このコラムを読む >>
先進的な仮設住宅の事例
東日本大震災での仮設住宅づくりでは、大きな困難の中、ボランティアや仮設住宅の居住者の努力などもあり、先進的な事例や考え方が生まれました。その一部をご紹介します。
このコラムを読む >>
仮設住宅の現状と教訓
阪神・淡路大震災と東日本大震災での、仮設住宅の現状と教訓をまとめました。
このコラムを読む >>
仮設住宅とは
仮設住宅とは、地震や台風などの自然災害によって住宅が全壊や全焼などの被害を受け、生活が困難になった被災者に対して提供される住宅のことです。仮設住宅には、応急仮設住宅と自力仮設住宅の2種類があります。これに加え、民間の賃貸住宅の借入れによる「みなし仮設住宅」と言われるものがあります。
このコラムを読む >>
避難所での留意事項
避難所生活ではさまざまな問題が発生するものですが、その中でも特に命にかかわりやすいところでの留意点についてまとめました。
このコラムを読む >>
避難所での女性への配慮
避難所生活では、どうしてもプライバシーの確保が難しくなります。そのため、女性が気にしやすいところでの不快感やトラブルを軽減するために、さまざまな取り組みが必要になります。
このコラムを読む >>
避難所開所の手順
避難所開設の手順は、事前準備、避難所の点検、避難者名簿の作成、仮設トイレの設置、ルール作りの順で行います。
このコラムを読む >>
避難所生活でのルール
避難所では、多くの避難者が厳しい環境の中で生活をします。より快適な避難生活のためにも、最小限のルールを定め、それを全員が守ることが必要となります。
このコラムを読む >>
避難所施設の使い方
避難所といっても元は公共の施設であるため、避難所の使い方にもルールがあります。
このコラムを読む >>
避難所の運営主体と運営組織
避難所の運営は、基本的に避難者がそこに集まった人たちと共同しながら自主的に運営することになります。その集団生活の秩序を保つために、避難所生活におけるルールや、さまざまな活動の役割分担が必要となります。
このコラムを読む >>
指定避難所制度
避難所では、良好な生活環境が求められます。2013年6月に行われた災害対策基本法の改定により、一定の基準に達する避難所を市町村長が「指定避難所」に指定することを義務付けました。指定避難所は、避難所における生活環境の整備等の規定が設けられました。
このコラムを読む >>
避難所とは
避難所とは、災害によって住宅を失った人が、一定の期間避難生活をする場所のことです。一時的に避難する公園などの避難場所と異なります。避難所となる施設は、事前に地域防災計画の中で指定されていることが多く、主に公民館などの集会施設や学校などの公共施設が中心となります。避難所には物資が備蓄されていることが多いです。
このコラムを読む >>
東日本大震災における地方自治体の対応限界例
行政では、災害対策に日々取り組まれていますが、実際に大規模災害が発生したときには、その対応に限界があります。東日本大震災での地方自治体の応急対応の限界をご紹介いたします。
このコラムを読む >>
阪神・淡路大震災における地方自治体の対応限界例
行政では、災害対策に日々取り組まれていますが、実際に大規模災害が発生したときには、その対応に限界があります。阪神・淡路大震災での、内閣府が取りまとめた地方自治体の応急対応の限界をご紹介いたします。
このコラムを読む >>
大規模・高層建築物等の防災管理(消防法)
2009年6月に改訂消防法が施工され、一定の大規模または高層建築物等の関係者に、「防災管理に係る消防計画」の策定とその執行のための組織づくりが義務づけられました。
このコラムを読む >>
平常時における行政機関の防災対策
国や地方公共団体等の行政機関は、平常時には、地域防災計画の作成、避難場所の指定、物資の備蓄、無線の整備、広報・啓発、防災訓練の実施、自主防災組織の結成と育成、協定の締結や条例制定、耐震診断・耐震改修の推進を行います。
このコラムを読む >>
災害時の実働機関「災害派遣精神医療チームDPAT」について
災害派遣精神医療チーム(Disaster Psychiatric Assistance Team、通称「DPAT」)は、自然災害や犯罪事件、大規模な事故が発生した後に、被災地域の都道府県の派遣要請により被災地に入り、被災者や支援者に対して精神科医療や精神保健活動の支援を行うための専門的な精神医療チームです。
このコラムを読む >>
災害時の実働機関「災害派遣医療チームDMAT」について
災害派遣医療チーム(Disaster Medical Assistance Team、通常「DMAT」)は、大地震や航空機・列車事故等の災害時に被災者の生命を守るために、被災地に迅速に駆けつけ、救急治療を行うための専門的な訓練を受けた医療チームです。
このコラムを読む >>
災害時の実働機関「海上保安庁」について
海上保安庁は、日本の領海内で発生する、ほとんどすべての問題を解決する使命があります。海上保安庁が行う災害対策には、災害の予防の他に、船舶の事故や大規模災害時の人命救助、物資の搬送、災害状況の把握などの災害応急活動を担っています。
このコラムを読む >>
災害時の実働機関「TEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)」について
TEC-FORCE(Technical Emergency Control Force:緊急災害対策派遣隊)とは、自信や水害、土砂災害などの大規模な自然災害が発生したときや、発生する恐れがあるときに、被災地となった地方公共団体が行う対策に技術的な支援を円滑に行うために、国土交通省に設置された組織です。
このコラムを読む >>
災害時の実働機関「自衛隊」について
自衛隊は国を守るための特別な組織ですが、災害時にも活躍します。「災害派遣」「地震防災派遣」「原子力災害派遣」の3種類があります。
このコラムを読む >>
災害時の実働機関「警察」について
災害時の実働機関のひとつである「警察」は、個人の生命や財産を守り、地域の秩序と安全を維持するための警備活動を行います。
このコラムを読む >>
災害時の実働機関「消防」について
災害時には自助や共助が中心となりますが、それだけでは対応が難しい災害の対応には公助が必要になります。災害時の実働機関のひとつである「消防」についてまとめました。
このコラムを読む >>
防災・危機管理に関する計画作成・調整のための行政組織
防災や危機管理をするために、国や都道府県、市町村において、計画作成や調整を行います。その組織についてまとめました。
このコラムを読む >>
防災計画
防災計画には、中央防災会議が作成する最上位計画「防災基本計画」、指定行政機関や指定公共機関が作成する「防災業務計画」、都道府県や市町村が作成する「地域防災計画」、地域のコミュニティが自発的に行う防災活動についてまとめた「地区防災計画」の4種類があります。
このコラムを読む >>
防災会議と災害対策本部
防災に関する組織として、防災会議と災害対策本部があります。防災会議は平常時の組織です。内閣総理大臣を会長とする中央防災会議があります。災害対策本部は災害発生時に設置される組織です。国が設置する災害対策本部には、非常災害対策本部と緊急災害対策本部があります。
このコラムを読む >>
防災対策サイクル
防災対策サイクルは、「防災予防対策」「災害応急対応」「復旧・復興」からなる3つのフェーズの循環に沿って、実施すべき事項を考えます。災害対策基本法には、この防災対策サイクルに沿って、行政が実施すべき事項が定められています。
このコラムを読む >>
災害対策基本法
日本の防災や危機管理では、国や地方公共団体などの行政が一定の役割を果たしていますが、災害対策基本法は、その根幹となる基本的な法律です。1959年の伊勢湾台風を契機として公布されました。
このコラムを読む >>
負傷者の搬送
災害医療の一つに「負傷者の搬送」があります。大災害時には、多数の負傷者が発生するだけでなく、医療機関も同時に被災しますし、負傷者を搬送する道路が規制されている可能性もあります。
このコラムを読む >>
クラッシュシンドローム
クラッシュシンドロームとは、「挫減症候群」と訳されます。瓦礫に閉じ込められて長時間圧迫され、筋肉が壊死するとカリウムが出てきます。瓦礫の中から救出されたときに、全身にカリウムが巡り、重症な場合には心臓が停止する恐れがあります。
このコラムを読む >>
トリアージ
トリアージとは、フランス語のtrier(選り分ける)が語源で、負傷度合いに応じた負傷者の選別のことです。災害時では、短時間で多くの方が負傷することが予想されるので、一人でも多く救命するためには、軽症者はもちろん死者や救命不可能な重症者に治療の優先権を与えないことが重要となります。
このコラムを読む >>
災害医療
災害時の医療機関について、災害医療の課題、災害時の傷病者の傾向や避難生活での疾病についてまとめました。
このコラムを読む >>
地震発生時の孤立集落とその対策
2004年に発生した新潟県中越地震でもあったように、大きな地震が発生したときに、たくさんの集落が孤立する可能性があります。国が発表した孤立集落の対策提言と集落が孤立することを前提とした自助と共助を伴った訓練や避難体制づくりについてまとめました。
このコラムを読む >>
帰宅困難者対策条例と一時滞在施設の確保及び運営のガイドライン
首都直下地震などの大規模な地震やその他の災害が発生し交通機関が運行できなくなると、たくさんの帰宅困難者が出ることが予想されます。東京都では、2013年に帰宅困難者対策条例を施行し、国と東京都が設置した首都直下地震帰宅困難者等対策連絡調整会議では、2015年に「一時滞在施設の確保及び運営のガイドライン」を改定しました。
このコラムを読む >>
徒歩帰宅者の支援
昼間の都心で大震災が発生し、公共交通機関が停止したら、帰宅困難者が大量に出ることが予想されています。そのときに、徒歩帰宅者に対して、さまざまなサービス提供が考えられています。
このコラムを読む >>
帰宅困難者とは
帰宅困難者とは、住まいが遠方で、災害時に交通機関が停止した場合に、帰宅が困難となった人のことです。大都市で大震災が発生したときには、帰宅困難者が多数発生することが予想されています。
このコラムを読む >>
運転をしていて震災が発生したら
震災発生時には、帰宅や避難などに自動車を使用しないようにしてください。また、通行禁止区域内では、速やかに道路の外に自動車を移動させてください。
このコラムを読む >>
東京都における緊急輸送路の確保
東京都では、震災時に道路や地下鉄、河川、港湾、空港などの輸送インフラを活用した、緊急輸送ネットワークを確保し、民間事業者との協定によって、車両や船舶などを調達することになっています。また、都民には、車両による避難の禁止や、交通規則の遵守を義務付けています。
このコラムを読む >>
災害対策基本法の放置車両対策強化
災害対策基本法は、さまざまな災害の反省を踏まえて、改訂がなされてきました。その中でも、車両に関する改正についてご紹介したいと思います。
このコラムを読む >>
大震災時における道路状況と交通規制
大きな震災があったときは、道路は緊急車両や復旧のための自動車が優先となります。阪神・淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災における道路状況と交通規制についてまとめました。
このコラムを読む >>
電車に乗車しているときに地震に遭ったら
電車に乗っているときは、地震に遭遇したらどのように対応するのかが気になるところですが、とにかく車掌の指示に従ってください。
このコラムを読む >>
鉄道の災害対策
大きな地震があったときには、鉄道では列車の脱線や鉄道施設の倒壊などの大きな被害が考えられます。ここでは、鉄道の震災への取組みをご紹介します。
このコラムを読む >>
災害時の携帯電話利用
災害時には連絡を取る手段として、バッテリー駆動の携帯電話は手軽な通信手段です。また、スマートフォンであれば、現在位置や災害情報の確認が可能です。
このコラムを読む >>
災害時における固定電話利用者の備え
災害時に連絡を取り合うたに、電話は欠かせないものです。固定電話における、災害が発生していない通常時と、固定電話の利用にあたっての留意点をまとめました。
このコラムを読む >>
東日本大震災時の固定電話への影響
東日本大震災では、震度7クラスの地震に耐えたビルであったとしても、津波で跡形もなく流されてしまったものもあったようです。そのため、広範囲にわたって固定電話が通信途絶になりました。また、震災直後の短時間に、安否確認などで通常時よりも激しく電話トラフィックが増大しました。
このコラムを読む >>
下水道の災害対策
過去に大震災で下水道が破損して水洗トイレが使えなくなり、不衛生さや不便さが出て、ストレスが溜まったり、水を飲むことを我慢してエコノミークラス症候群といった健康被害が出るなどの問題が起こりました。自治体による下水道の主な地震対策についてまとめました。
このコラムを読む >>
大災害に備えての飲料水の備蓄
大災害が発生すると水道水が使えなくなり、飲料水や料理の水の確保が必要になります。家庭で備蓄しておくべき飲料水についてまとめました。
このコラムを読む >>
水道局の地震に対する備え
各自治体の水道局は地震の被害を最小限にとどめるために、普段から施設の整備や耐震化を行っています。また、近隣の市町間や地方都市間では、震災時の相互応援体制を作っています。そのような水道局の震災に対する備えをまとめました。
このコラムを読む >>
大規模地震時の上水道の状態
阪神淡路大震災を例に、大規模地震に遭遇したときにの上水道の状態と復旧について簡単にまとめました。
このコラムを読む >>
どうする?大震災時のLPガス
震災が発生したときにLPガスを使用している家庭では、どのように行動したらいいのかをまとめました。
このコラムを読む >>
LPガスの災害対策
LPガスは各家庭ごとに設置されていることが多いので、都市ガスと違って、大震災の後の復旧が早いと言われています。このコラムでは、LPガスの災害対策についてまとめました。
このコラムを読む >>
地震が来たときにガスをどうする?
ガスを使っているとき、ガス臭いとき、地震の揺れがおさまったとき、地震でガスが使えなくなったとき、家庭にいるときに大きな地震に遭遇したときに、ガスをらどうしたらよいかをまとめました。
このコラムを読む >>
大地震後の都市ガスの復旧
ある一定以上の大地震が発生したら、各家庭にあるマイコンメーターや地域のブロック単位での都市ガス供給がストップします。もし、地域のブロック単位で都市ガス供給が停止された後は、どのように復旧されるのかまとめました。
このコラムを読む >>
大地震発生時の都市ガス供給
大きな揺れの地震があったときは、ガスが心配です。都市ガスは、各家庭のマイコンメーターでのガス遮断、地域単位でのガス供給停止によって、ガスの二次災害から守られています。
このコラムを読む >>
都市ガスの災害対策
ガスには都市ガスとLPガスがあります。都市ガスは、地中に埋設されたガス管によって各家庭に供給されるガスです。LPガスは、ガスボンベなどの容器に入ったガスです。都市ガスの災害対策には、予防対策・緊急対策・復旧対策の3種類があります。それぞれについてまとめました。
このコラムを読む >>
家での電気災害注意点
家にいるときに強い地震が発生した直後から避難時まで、電気による災害を防ぐために知っておくべき対応をまとめました。
このコラムを読む >>
家庭で気をつけるべき災害時の電気の扱い
家庭で電気のことを気をつけることは、切れた電線と家のブレーカです。切れた電線には近寄らないようにしてください。また避難をするときは、家のブレーカをOFFにしてください。
このコラムを読む >>
災害時の停電発生
災害時に停電することがありますが、システム化によって広範囲の停電でも、他のライフラインと比べて早く復旧します。道路の寸断などによって、電力の復旧に1週間程度要することもあります。
このコラムを読む >>
ライフライン
ライフラインとは命綱のことですが、災害におけるライフラインとしては、電気、ガス、水道、通信があります。それぞれの災害時の対応を知っておくことで、生活の安全と安心を得ることができます。
このコラムを読む >>
地震に強い工法
建物を建てるときに地震に強いかどうかが気になります。地震に強い工法として、「耐震」「制震(制振)」「免振」があります。
このコラムを読む >>
地震発生後の電気火災
阪神・淡路大震災や東日本大震災で発生した火災のうち、原因が特定できたものの実に60%以上が電気火災と言われています。震災による電気火災の原因と防止についてまとめました。
このコラムを読む >>
震災時のガスの対応は?
震災直後はすぐに火を消すように教わってきましたが、都市ガスやLPガスでは震度5弱以上の揺れを感じたら自動的にガスが止まり、火も消えるので、すぐさまコンロから離れて身を守ることを考えてください。
このコラムを読む >>
オフィスビルの中で大地震に遭遇したら
仕事中はオフィスビルにいる人も多いと思います。オフィスビル内にいて大地震に遭遇した場合の行動についてまとめました。
このコラムを読む >>
地震発生から3日間の行動
地震の規模や災害状況にもよりますが、大地震が発生してから3日間でやることをまとめました。
このコラムを読む >>
家庭での震災への備え
震災は、いつどこで発生するかなかなか予想ができません。いつでも震災に備えておくことが大切です。
このコラムを読む >>
家庭での災害用品
災害用品は、災害の種類によって必要なものが異なりますし、想定しだすと際限なく増えます。災害用品は、できる限り、普段から使えるものを備えてください。
このコラムを読む >>
家族防災会議のすすめ
震災などのいざというときに備えて、「わが家のルールはこうだ」というものを決めておくことが大切です。家族が話し合っておくべきことをまとめました。
このコラムを読む >>
災害被害の軽減のための「自助、共助、公助」
災害の被害を軽減するためには、自助、共助、公助の組み合わせを効率よく行うと良いとされています。
このコラムを読む >>
主な自然災害の種類
日本には様々な自然災害があります。代表的な自然災害をまとめました。
このコラムを読む >>