お問い合わせ

地震に強い工法

高層マンションや公共の建物などの大規模な建物のほか、最近では一般住宅においても、より地震に強い構造を目指して、さまざまな工法が開発されています。そのような工法には、主に「耐震」「制震(制振)」「免振」の3種類があります。

耐震

耐震とは建物の構造を強固に作り、建物そのものが地震のエネルギーを受け止めて、地震に耐えられるようにする工法です。建物だけでなく、道路の橋や新幹線の架橋などでも耐震強化をしているところをよく見かけます。

制震(制振)

制震(制振)は、ビルの屋上などに振動抑制装置を設置して、地震による振動と逆の振動を発生させて、地震による振動エネルギーを吸収し、建物が揺れないようにするものです。

水やオイル、鋼を使ったものなど、さまざまな種類があります。

免振

建物と地面の間にゴムを入れるなどして、地面の振動が建物に伝わらないようにする工法です。大きな建物でも、免振装置を入れることが可能です。

このような地震に強い工法によって、大地震から人の命が守られるようになってきました。大きな建物であれば、備蓄品などもそろえ、大地震からトータルで人を守るようになってきています。

<< 防災いろはに戻る