お問い合わせ

大地震後の都市ガスの復旧

ある一定以上の大地震が発生したら、各家庭にあるマイコンメーターや地域のブロック単位での都市ガス供給がストップします。もし、地域のブロック単位で都市ガス供給が停止された後は、どのように復旧されるのかまとめました。

都市ガスの復旧手順

都市ガスは、ライフラインの一つですので、都市ガスの供給が停止した地域では、可能な限り早い復旧が臨まれます。

復旧のために必要なことは、まず安全確認です。ガス管が破れてガスが漏れる状態であれば、ガスを復旧させたときに二次災害の発生につながります。そこで、ガス会社はガス漏れがないかを確認して回ります。

【家庭での復旧】

家庭の都市ガスの復旧は次のような流れで行われます。

「ガスメーター閉栓の確認」→「道路部分のガス漏れ調査」→「道路部分のガス漏れ修理」→「屋内配管検査」→「屋内配管修理」→「ガス点火点検」→「ガス開通」

【道路に埋設されているガス管の復旧】

道路に埋設されているガス管からガス漏れが発生した場合には、道路の掘削が必要となるため、復旧にはかなりの時間を要します。場所や被害状況によって復旧にかかる日数が大きく異なってきます。

ガス漏れを特定する場合には、被害地域を細かく分割して、ガス導管網の供給能力を考慮しながら復旧作業を行います。そのため、「隣の地区ではガスが復旧しているにもかかわらず、こちらの地域は復旧に日数がかかる。」という具合に、地区によって復旧日数が異なってきます。

復旧作業の優先順位

ガスの復旧作業は、安全への配慮と復旧時間を考慮して、できる限り多くの人にガスを早く供給できるように考えることから、被害や火災などが比較的軽微なところから優先に復旧していきます。

とはいうものの、病院や避難所といった公共性の高い建物は、早く都市ガスを復旧させるべきです。そこで、そのような建物は、移動式ガス発生設備を使用して、臨時にガス供給を行う場合があります。移動式ガス発生設備をガス導管に接続して、ガスの仮供給を行います。

広報活動

ガスの復旧作業が進むにつれて、ガス供給状況が刻々と変化していきます。その状況をホームページなどで教えてもらえることになっているようです。

<< 防災いろはに戻る