お問い合わせ

災害被害の軽減のための「自助、共助、公助」

災害の被害を軽減するためには、自助、共助、公助の組み合わせを効率よく行うと良いとされています。

自助

自助とは「自分の命は自分で守る」という備えのことです。地震に対しては、家具の転倒防止策を行ったり、日頃から避難経路を確認しておいたり、保存食や水などを備蓄しておいたりすることです。

共助

自助では個人の力の限界があります。例えば、家具の下敷きになってしまった場合に、自力で脱出できない場合があります。そういった場合に、近所の人たちでの助け合いが大切です。

阪神・淡路大震災では、8割以上の人を隣人が助けたと言われています。

大きな集合住宅であれば、自治会で協議して、防災備蓄倉庫を設置しておきたいところです。

公助

公助とは、国や地方自治体による救助です。自衛隊や消防士、警察官などによる救助になりますが、被災した範囲が広い場合には、なかなか手が回らないことが現実のようです。

事前には、広い道路を整備したり、避難場所となる公園を整備したりとさまざまです。

<< 防災いろはに戻る