お問い合わせ

どうする?大震災時のLPガス

震災が発生したときにLPガスを使用している家庭では、どのように行動したらいいのかをまとめました。

日頃からの心がけ

大震災のいざというときに、ガス器具の周りが散乱して、対応の遅れが二次災害の発生につながるということも考えられます。ガス器具の周りは、常に整理整頓をしておいてください。

LPガス容器にはバルブが付いています。バルブを開店させることで、ガスを止めることができます。どちらの方向に回転させたらガスが止まるのかを把握しておいてください。なお、バルブを時計回りに回転させると、ガスは止まります。

LPガス容器はチェーンなどで固定されていると思います。LPガス容器がしっかり固定されていない場合には、LPガス事業者に相談してください。

大きな揺れで物が落ちてきたり飛ばされたりして、LPガス容器が、損傷することも考えられます。LPガス容器の周りには、そういった物を置かないようにしてください。

震災発生時の対応

炊事をしているときに震災が発生したときは、火を止めるよりも先に、ガスコンロから離れるようにしてください。油ものや熱い鍋が飛んできてケガをする恐れがあるためです。また、ガスはLPガスマイコンメーターが大きな揺れを感知して、自動的にガスの供給を止めてくれます。

部屋がガス臭い場合には、すぐさまガスの使用を止め、ガスの元栓を閉めて、LPガス容器のバルブを閉めてください。その後、すぐに部屋を換気してください。このときに、電気のスイッチを入れたりしないようにしてください。電気スイッチで火花が発生したときに、その熱で部屋に充満したガスに引火する押れがあるためです。もちろん、LPガス事業者に電話をして、状況を説明することをお忘れなく。

地震の大きな揺れがおさまり、ガスを復旧させたい場合には、LPガスマイコンメーターの操作でガスを復旧させてください。

避難所に避難するときには、LPガスのバルブを閉め、電気のブレーカを落としてから避難するようにしてください。避難した後に大きな地震があって、自宅が火事になることを防ぐためです。

<< 防災いろはに戻る