お問い合わせ

大規模地震時の上水道の状態

上水道と震災

上水とは、簡単に言えば水道水のことです。自然災害の中で、上水道に最も被害をもたらすものが大規模地震です。水道システムには、取水からはじまり、浄水場や給水所、配水管網を通って、家庭やビルなどに上水が送られます。

この中で、大規模地震で主に被害を受けるものが給水所や配水管などの送配水施設です。阪神淡路大震災では、配水管の多くに被害が発生して、各家庭への給水がストップしました。

水道が止まる理由

配水管は、通常は地面の下に埋まっています。その1本1本を継手(つぎて)していくものですが、この継手部分が破損したり、抜け出したりして漏水がおこり、各家庭への給水がストップしました。

配水管が損傷すると、それよりも下流部に給水ができなくなるために、破損個所を発見して修理する必要があります。ところが、先ほどにも述べたように、基本的に配水管は地面の下に埋まっています。ですので、損傷個所の発見にものすごく手間がかかります。

阪神淡路大震災での上水復旧

阪神淡路大震災では、震災後3日程度経過してから水道の復旧作業が開始されました。当初、4家庭のうち3家庭が断水していたと言われていますが、完全復旧までに1カ月以上を要したと言われています。

最低3日分の備蓄を

上水道が止まっても、給水車や給水所の開所などによって、水の配給が行われると思いますが、大規模な震災であれば、その対応も遅れるものです。やはり、自宅やオフィスにある程度の飲み水を備蓄しておきたいものです。最低3日分の備蓄が推奨されています。

防災倉庫のことなら、ユアサマクロスにお任せください。

こちらのページもご参照ください

大災害に備えての飲料水の備蓄
大震災に備えて、最低3日分の水を備蓄することが推奨されています。目安は1人1日3リットルです。1家族4人として、3日分ですと36リットル必要ですので、市販の2リットルのペットボトルの水を確保するのであれば、18本が必要になります。

防災備蓄倉庫
ユアサマクロスの防災備蓄倉庫は、マンションや工場の空き地に設置するタイプの防災備蓄倉庫を販売しております。堅牢性が高く機動性のある防災備蓄倉庫はいかがでしょうか?

<< 防災いろはに戻る