お問い合わせ

水道局の地震に対する備え

各自治体の水道局は地震の被害を最小限にとどめるために、普段から施設の整備や耐震化を行っています。また、近隣の市町間や地方都市間では、震災時の相互応援体制を作っています。そのような水道局の震災に対する備えは次の通りです。

貯水・取水・導水施設の整備、補強

貯水池とは水を貯めておくプールです。取水堰(しゅすいぜき)とはダムや河川から水をくみ取るために水位を必要な程度に高めるための構造物のことです。導水施設とは、取水口から浄水場までの水が通る道のことです。これらの施設の整備や耐震化を行っています。

浄水場・給水所の整備、補強

浄水場や給水所の各施設について耐震診断を行い、大きな地震が発生しても被害を小さくするために順次補強を行っています。

また、震災時は停電が発生して給水に支障が出ないように、自家発電設備の整備を進めています。

近隣の市町間や地方都市間で連携をして、非常時には水道水の相互融通体制を整備し、上水の安定供給に努めています。

水道管の取替

過去の大きな地震による被害を想定し、被害を最小限にするために、古くなった水道管の取替工事や耐震性の高い継手への取替を実施しています。

給水拠点の整備

震災時に給水がストップしても、大きな公園や学校の校庭などの広い場所の地下を利用して、上水を貯めておく給水槽の整備を行っています。

このように水道局は地震に備えてがんばってくださっています。

<< 防災いろはに戻る