お問い合わせ

大災害に備えての飲料水の備蓄

阪神淡路大震災の教訓から、大災害が発生すると最悪1カ月程度は水道水が使えなくなることを想定しておく必要があります。とは言え、給水拠点の開所によって、飲料水を確保することができますが、開所までに時間がかかることや、給水拠点までが遠いこと、飲料水の配給までに長い行列ができることが予想されます。

そこで、ある程度は飲料水を備蓄しておくことが大切です。家庭で備蓄しておくべき飲料水についてまとめました。

最低3日分の水を確保

目安は1人1日3リットルです。1家族4人として、3日分ですと36リットル必要ですので、市販の2リットルのペットボトルの水を確保するのであれば、18本が必要になります。たいてい6本で1ケースですので、3ケース必要になります。

水道水を容器に入れる場合には、清潔な容器で、ふた付きの容器を選びます。ふたギリギリまで水道水を入れ、直射日光を避けて保存してください。直射日光を避けていれば、消毒用に入っている塩素の効果が3~7日くらい持続するそうです。3~7日経過したら取り替えますが、古い水はお風呂や洗濯用の水として使用できます。

水洗トイレ用の水

水洗トイレ用の水は、前日に使用したお風呂の水を貯めておくと使用できます。水道水が止まるぐらいの震災であれば、もしかしたら、汚水管が損傷している可能性があるので、なるべくトイレの水を流さない方が良いです。簡易トイレの備蓄をお勧めします。

消火用の水

水洗トイレ用の水と同様に、お風呂の水を貯めておくと使用できます。ただし、大地震によって、お風呂の水は半分ぐらいに減っていることが多いそうです。特にマンションの方であれば、バケツのご用意をお忘れなく。

<< 防災いろはに戻る