お問い合わせ

下水道の災害対策

過去に大震災で下水道が破損して水洗トイレが使えなくなり、不衛生さや不便さが出て、ストレスが溜まったり、水を飲むことを我慢してエコノミークラス症候群といった健康被害が出るなどの問題が起こりました。自治体による下水道の主な地震対策について述べたいと思います。

水再生センターの耐震化

下水を処理する水再生センターというものがあります。このセンターが麻痺すると、下水を処理できなくなってしまいます。各自治体では、震災時でも必要最低限の処理機能が確保できるように、耐震化を進めています。

地域防災拠点の下水道

東日本大震災で、浦安で液状化現象によってマンホールが持ち上がったことがニュースで大きく報道されました。

マンホールが持ち上がってしまうと、下水道が使用できなくなり、防災拠点での生活が不便になります。そこで、液状化の可能性が高い地域に地域防災拠点に通じる下水道がある場合は、そこを耐震化し、災害時の仮設水洗トイレ用の排水設備の整備を進めています。

緊急輸送路に埋設してある下水道

液状化現象で、マンホールが持ち上がってしまうと、下水道が使用できないばかりか、マンホールが持ち上がった箇所の道路が使用できなくなり、復旧に支障が生じてしまいます。そういった道路では、マンホール蓋の浮上防止を進めています。

<< 防災いろはに戻る