お問い合わせ

災害時における固定電話利用者の備え

災害時に連絡を取り合うたに、電話は欠かせないものです。固定電話における、災害が発生していない通常時と、固定電話の利用にあたっての留意点をまとめました。

災害が発生していない通常時

古い固定電話では、電気通信事業者からの給電によって、電話機に電源が必要なく電話を利用できていました。現在では、半数以上の固定電話が高機能化によって、電気を供給しなければ動作しない端末になったと言われています。

もし停電してしまったら、電源供給が必要な電話は使用できなくなります。そこで、電源供給が必要なくても使用できる電話の用意や、無停電電源装置(UPS)を導入しておくことが大切かと思います。

携帯電話で代用することも考えられます。携帯電話でしたら、予備電源を持っている人も多いかと思いますし、コンビニで手に入るので、備蓄品として購入しておいても良いかと思います。

固定電話の利用にあたって

被災地への一般通話は規制がかけられますが、多少はつながります。震災があったときの固定電話の留意点をご紹介します。

受話器の確認

大きな地震があったときは、固定電話から受話器が外れていることがあります。すると、安否確認で電話をしても通話中になってしまい、相手からの電話を受けることができなくなります。地震直後は、固定電話の受話器が元の場所に戻っているかをご確認ください。

被災地への電話は控えめに

被災地では災害対策や復旧活動が行われ、電話回線を使って緊急通信が行われています。災害対策のための通信確保は重要なため、なるべく被災地への電話は控え、もし繋がったとしても、手短に済ませるようにしてください。

公衆電話の利用には硬貨を用意

災害時でも公衆電話からかける電話は繋がりやすいと言われています。被災地では、常設の公衆電話が無料化される場合もあります。かといって、すべての公衆電話が無料化するわけではございませんので、10円玉硬貨などを多めにご用意ください。

<< 防災いろはに戻る