お問い合わせ

家庭での災害用品

災害用品は、災害の種類によって必要なものが異なりますし、想定しだすと際限なく増えます。災害用品は、できる限り、普段から使えるものを備えてください。

機材

救出・救護用品として、バールやノコギリがあります。また、毛布も必要になります。

火災時には消火器やバケツが有効です。

給水所で水をもらうために、給水バッグなどの用意もあると良いです。

非常持ち出し袋

非常持ち出し袋は、その袋をもって避難するものです。現金や貴重品を入れたり、懐中電灯やタオル、携帯ラジオ、ティッシュペーパーやウェットティッシュ、軍手など、必要と思われるものを入れておきます。

備蓄品

まずは水です。1日に一人3リットル必要と言われています。食料としては、缶詰やレトルト食品、最近はとても美味しくなったアルファ米、インスタント食品などです。

卓上コンロやラップフィルムも便利だったと聞いています。

マンションであれば、大震災直後はトイレが使用できなくなる場合が多いそうです。簡易トイレも備蓄しておいた方がよさそうです。

備蓄品は最低3日、南海トラフ巨大地震に対しては1週間分以上が望ましいとされています。

<< 防災いろはに戻る