お問い合わせ

防災会議と災害対策本部

防災に関する組織として、防災会議と災害対策本部があります。防災会議は平常時の組織です。災害対策本部は災害発生時に設置される組織です。

防災会議

防災会議には、内閣総理大臣を会長とする中央防災会議と、都道府県の知事や市町村長を会長とする地方防災会議があります。

中央防災会議

中央防災会議は、内閣総理大臣を会長として、全閣僚、指定公共機関の長、学識経験者からなる組織です。中央防災会議の主な役割は、次の通りです。

  • ・ 防災基本計画の作成およびその実施の推進
  • ・ 非常災害の際の緊急処置に関する計画の作成および実施の推進
  • ・ 防災関する重要事項で、内閣総理大臣、防災担当大臣が求めた意見に応じての審議
  • ・ 防災関する重要事項における、内閣総理大臣、防災担当大臣への意見の具申

地方防災会議

地方防災会議は、都道府県の知事や市町村長を会長とする組織です。地方防災会議の主な役割は、次の通りです。

  • ・ 地域防災計画の作成・改定

災害対策本部

災害発生時や災害が発生する恐れがある場合には、都道府県知事や市町村長が災害対策本部を設置し、災害応急対応や災害予防を実施します。一つの都道府県では対処が困難な大規模な非常災害については、国に非常災害対策本部が設置されます。

さらに、東日本大震災のように著しく異常かつ激甚な非常災害のときには、閣議決定により国に臨時に緊急災害対策本文が設置されることになっています。

<< 防災いろはに戻る