お問い合わせ

災害時の実働機関「TEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)」について

TEC-FORCEとは

TEC-FORCE(Technical Emergency Control Force:緊急災害対策派遣隊)とは、自信や水害、土砂災害などの大規模な自然災害が発生したときや、発生する恐れがあるときに、被災地となった地方公共団体が行う対策に技術的な支援を円滑に行うために、国土交通省に設置された組織です。

TEC-FORCE設立の経緯

災害応急活動は、各地方自治体が災害の度に対応を行ってきました。しかし、一つの地方自治体では対応が困難な大規模災害が発生した場合には、その復旧作業等に人的にも技術的にも十分な準備ができないことが、大きな課題でした。

そこで、大規模な自然災害などに迅速に、そして充実した対応ができるように、災害対策を経験した職員や、普段から現場で技術を磨いている職員をTEC-FORCEの隊員として任命し、災害対策に必要な訓練を行っています。また、災害対策用の資材・機材等の準備や整備を行い、地方自治体を支援することを目的として、TEC-FORCEが設立されました。

全国の地方整備局などで職員が任命されて、東日本大震災を含む多くの災害で活躍しています。

こちらのページもご参照ください

災害時の実働機関「消防」について
災害時には自助や共助が中心となりますが、それだけでは対応が難しい災害の対応には公助が必要になります。災害時の実働機関のひとつである「消防」についてまとめました。

災害時の実働機関「警察」について
災害時の実働機関のひとつである「警察」は、個人の生命や財産を守り、地域の秩序と安全を維持するための警備活動を行います。

災害時の実働機関「自衛隊」について
自衛隊は国を守るための特別な組織ですが、災害時にも活躍します。「災害派遣」「地震防災派遣」「原子力災害派遣」の3種類があります。

<< 防災いろはに戻る