お問い合わせ

災害時の実働機関「災害派遣精神医療チームDPAT」について

災害派遣精神医療チーム(Disaster Psychiatric Assistance Team、通称「DPAT」)は、自然災害や犯罪事件、大規模な事故が発生した後に、被災地域の都道府県の派遣要請により被災地に入り、被災者や支援者に対して精神科医療や精神保健活動の支援を行うための専門的な精神医療チームです。

DPATの発足

東日本大震災では、被災者等の精神的ケアが大きな課題となりました。そのときに、都道府県指定のチームが、被災者の心のケアや精神的支援で重要な役割を果たしました。

厚生労働省はこのことを踏まえて、大規模災害後に被災地からの要請によって精神科医療や精神保健活動の支援を行うチームをDPATと定めました。

<< 防災いろはに戻る