お問い合わせ

災害救助法とは

災害救助法とは

災害救助法は、1947年に制定された被災者救済を旨とする法律です。その目的として、「災害に際して、国が地方公共団体、日本赤十字社その他の団体及び国民の協力の下に、応急的に必要な救助を行い、災害にかかった者の保護と社会の秩序保全を図ること」を掲げています。

2013年の災害対策基本法改正により、災害救助法の所管は厚生労働省から内閣府へ移管されました。目的実施は、法定受託事業者として、都道府県知事が行い、市町村長がこれを補佐することになっています。

災害救助法の適用基準

災害救助法を適用する災害の規模に関して施行令には、「市町村の人口規模に応じた一定数以上の住家の消失がある場合」と定められています。

例えば、人口規模が5,000人未満の場合には、住家減失数が30世帯を超えた場合に適用されます。この場合、半壊・半焼世帯は2世帯を、床上浸水世帯は3世帯をもって、1世帯の減失と算定します。

<< 防災いろはに戻る