お問い合わせ

義援金について

駅前や繁華街などで震災復興などの義援金を求めているボランティアの方々を見かけることがあります。集まった義援金が、被災者やその家族に届けられるためには、原則公的な受付機関によって処理されます。その受け入れや配分の具体的な内容は、厚生労働省の防災業務計画や各地方自治体の地域防災計画に定められています。

義援金の受付と配分

義援金は、日本赤十字社と共同募金会が中心となって受け付け、その配分は配分委員会が決定します。被災都道府県や市町村は、支援関係団体で構成する募集委員会(配分委員会)を組織し、義援金総額や被災状況などを考慮した配分基準を定め、報道機関などの協力を得て、適切かつ速やかに配分します。

厚生労働省にある社会・援護局は、義援金の募集や配分に関して助言や必要な支援を行うことになっています。

義援金の扱い

義援金は、税制上の優遇制度が設けられています。しかし、税関係の法律の適用を受けるので注意が必要です。

<< 防災いろはに戻る