お問い合わせ

被災者の積極的な雇用

被災者の復興のためにも被災者が自立できるために雇用を積極的に行っていくことが大切です。そのためのプログラムが各省で設けられています。

環境省

大規模災害の被災地で発生している膨大な量の損壊家屋を処理するため、現地の事業者にて多くの人員を必要とします。これらの人員を被災者から雇用を進めるようにしています。

国土交通省

大規模災害が発生した都道府県では、仮設住宅を発注します。その仮設住宅の建設を、地元の建設業者や資材業者の活用を促進しています。

また、被災住宅の補修も大量に発生します。そのための診断や相談、事業者を紹介する等の窓口が必要になります。その要員に被災者から雇用することになっています。

農林水産省

東日本大震災では地震や津波などの影響によって、農業や林業、漁業に大きな被害がありました。被災地の農林漁業を再建するために、損壊した農地や農業用施設、海岸林、漁港、漁場などの復旧が必要になります。そのための要員を被災者から雇用することになっています。

<< 防災いろはに戻る