お問い合わせ

震災時のガスの対応は?

関東大震災のときは、地震直後に火災が発生したと言われています。そのときの教訓から、地震が発生したらすぐさま火を消すようにと言われてきました。

現在は、都市ガスやLPガスが使われている家庭が多いと思います。そういったガスは、震度5弱の強い揺れを感じたら、自動的にガスが遮断される装置が設置されています。そのため、強い地震の場合には、ガスが自動的に止まり、火も自動的に消えるようになっています。

地震直後にあわてて火を消しに行こうとして、熱湯や高温の油が入った鍋が飛んできてケガをする危険性があるので、すぐさまガスコンロから離れることをおすすめします。

また、キッチンでは、ガラス製品や小物が多く置いてあるので、そういったものが飛んできてケガをすることも考えられます。

実際に大きな揺れがあったら、何もできないことがほとんどなので、自分の身を守ることに専念してください。そして、都市ガスやLPガスであれば、揺れがおさまってから火の確認をするようにしてください。

普段から、大きな地震がきたらどのような行動を取れば良いのかを話し合ったり、避難の練習をしたりするように心がけてください。

<< 防災いろはに戻る