お問い合わせ

地震発生後の電気火災

地震による火災

阪神・淡路大震災では、神戸の町が燃えている映像が印象的でした。地震が発生した後の二次災害として火災を思いつくことと思います。そういった地震による火災の原因は、ガスコンロではなく、実は電気による火災が多いのです。

阪神・淡路大震災や東日本大震災で発生した火災のうち、原因が特定できたものの実に60%以上が電気火災と言われています

電気復旧時の火災

地震直後に電気によって火災が起こることも考えられますが、ライフラインのひとつでもある電気の復旧時に火災が発生することが多いのです。

それは、家屋の中で電線が切れている箇所があったときに、電気が復旧したら火花が出て火災になるというものです。

大震災後には、避難所に避難している人が多いと思います。そのときに、自宅には誰もいない状態ですので、そういったときには電気火災の対処のしようがありません。

防止策

そういった復旧時の電気火災を防ぐためには、「避難時にブレーカを切る」ということです。各家庭にはブレーカが設置されていますので、いちばん大きなブレーカを切って出るようにしてください。

地震のときに電気による火災を防ぐのに有効なのが感震ブレーカです。感震ブレーカは、地震の揺れを感じたら自動的に切れるブレーカです。まだ、感震ブレーカの設置は義務付けられていませんが、積極的に導入したいものです。

<< 防災いろはに戻る