お問い合わせ

ユニットハウスCAV-Aシリーズ

ユニットハウスCAV-Aシリーズの施工例 CAV-Aシリーズの寸法

■ CAV-53A/40A

型式 53A 40A
諸元 全長 組立時 7,710mm 5,910mm
折畳時 7,884mm 6,084mm
全幅 組立時 2,350mm
折畳時 2,405mm
全高 組立時 2,700mm
折畳時 601mm
桁柱外寸 組立時 7,520mm 5,720mm
妻柱外寸 組立時 2,320mm
室内高 2,390mm
床面積 17.4㎡(5.3坪) 13.3㎡(4.0坪)
重量 1,800kg 1,500kg
仕様 屋根 外板 金属棒葦裏面ポリエチレンシート貼り 0.6t
断熱材 ウレタンシート 18t
天井 アクリルコート紙化粧合板 2.5t
耐雪 38cm 53cm
パネル 外板 亜鉛メッキエンボスカラー鉄板 0.25t
断熱材 硬質発泡ポリウレタン 30t
内壁 アクリルコート紙化粧合板 2.5t
床板材 塗装耐水合板 12t
電気 灯具 40W ダブル逆富士型/LED型
スイッチ 柱付き方切りスイッチ×1個
コンセント 天井付2口×4個、柱付2口×2個
ブレーカ NFB20A(天井部取り付け)×1
  • ※1 アイボルトの高さは含みません。
    ※2 ベースユニットのみの重量です。
    ※3 確認申請が必要な場合があります。

ユニットハウス組み立ての様子

ユニットハウス組み立ての様子

ベースも階段も、クレーンで引き揚げて簡単に組立・設置。パネルなどはすべて共有可能。

人がハウスの下に入り込まず建て上げ可能

  • 人がハウスの下に入り込まず建て上げ可能
  • 室内パネル受け部分に建て上げレールを内蔵、専用ワイヤーを使用することで積荷下で作業することなく簡単建て上げを可能にしました。

    ワイヤーを二重構造にして、より安全性を高めました。

    妻上の合わせ穴を改善し、より合わせやすくすることで、屋根ユニットを降ろしやすくしました。

屋根結合部

  • 屋根結合部
  • 専用ガイド棒でハウスの中に入らず屋根を合わせます。(専用ガイド棒は別売り)

歩廊セット

  • 方杖方式の階段
  • 妻歩廊は、1F屋根に取付可能な構造としています。

    妻歩廊の脚を不用とした方式で、1F空間の使い勝手を向上させます。

    歩廊には安全性を考慮して補助脚が付けられる構造にしました。

  • ハッチ付歩廊屋根
  • 歩廊屋根にはハッチを追加、2F作業終了後安全に降りることができます。

スタンション

  • スタンション
  • 基本構造はそのままに、ブラケットを追加したことで取り付けが簡単、安全性を確保しました。

    外周足場なしで工事が可能です。

フォークガイド

  • フォークガイド
  • 従来の骨格高さの構造のままフォークガイドを内蔵しました。

    フォークガイド有効高さは、サヤ付きのフォークでも使用可能な設定にしました。

    床骨格に補強材を追加し、十分な強度を確保しました。

連棟方法

  • 連棟方法
  • 室内で1Fと2Fの連棟、桁連棟が可能な構造としました。

    上下連棟は2穴式でハウスを合わせやすくしました。

    従来ハウスとの連棟も可能な構造です。